【尿路結石】自然排出で結石が出るときってどんな感じなの?

スポンサーリンク
尿路結石 小便小僧尿路結石

尿路結石と診断された時

結石がまだそんなに大きくない状態の場合

(よく言われるのは5ミリ以下)

自然排出を目指して治療しましょう。

結石が自然に出るように頑張ってください

そんな感じで病院の先生に言われますよね。

 

いしば
いしば

しかし、本当に結石が自然にでてくるのか・・・。

 

疑いと不安な気持ちがよぎりませんでしたか?

尿路結石になるとほとんどの

患者さんが処方されるあろう

結石を出しやすくするウロカルンと

尿路や膀胱のけいれんを抑えるブスコパン。

痛み止めの薬のロキソニンと

強い痛みが出た時のために座薬。

尿路結石歴が長いとこの痛み止めの薬は

もはやそこそこのご利益のあるお守りと

いしば
いしば

同じパワーを持っています。

しかし、自然排出での治療って

そのうち結石が出るのを待つのだろうけど

どんな感じで結石は出てくるの?

 

いしば
いしば

その様に思ったのはいしばも同じです。

そこでこの記事では

いしばが実際に経験した尿管結石が
自然排出した時の結石の様子
病院の先生や知り合いの人から
聞いた話をまとめてみました。
スポンサーリンク

結石のがどの様に出たのか

いしば
いしば

いしばの場合は

多くの人がイメージする様な

結石のかたまりが出てくる感じではなかったのです。

自然排出を目指す日々が始まり

食事以外に1日2リットルの水を飲むという

ノルマ達成するべき水を飲む事から始まり

 

それに加えて良いとされる運動の習慣を取り入れ

仕事の終わった後や休みの日にも

ランニングとウォーキングを行いました。

いしば
いしば

結石よさっさと出て行け!

と強くイメージしながら。

 

さらに、ひたすらジャンプ、ジャンプ。

そんな毎日を送っていました。

そうこうしているうちに

おしっこしている時に尿道から

スポン!っと

結石のかたまりが

出てくるものだと思っていたのですが・・・。

最初に尿管結石と分かってから

1ヶ月くらい過ぎた時に

おしっこした時に尿道に

チクチクとした痛みがあり

トイレの便器を見ると・・・。

水たまりの表面に

細かいカスが浮いている感じでした。

正直イメージと違っていて

これが結石なのかなという感じです。

いつもと違い尿の色も濃く

けっこうわかりやすい感じで

カスが浮いていました。

病院の先生に聞いてみたところ

おそらく結石だろうということでした。

小さな結石の場合それぞれの結石の成分によって

固さの感じが違い尿として出てくるまでに

形が変わる事もあるようです。

 

いしば
いしば

この時いしばの結石は4ミリくらい

検査した時にありました。

以前、尿路結石の手術をした後に

なんとか結石を取り出したときです。

触ってみたらそんなに力を入れていないのに

結石がボロッとくずれました。

検査の時に結石が多少大きくても

尿管を伝って降りてくるうちに

細かくなっている可能性があるのかもしれないです。

人それぞれの結石の状態によって

自然排出の状況も変わってくるのではと思います。

自然排出のいろいろなパターン

自然排出には人それぞれパターン

あるようで尿路結石になったことのある

知り合いから聞いた話を紹介します。

知り合いから聞いた話

配送の運転手をしている人なのですが

仕事中に急に強めの痛みが起きて

すぐに病院に駆け込んだところ

尿管結石と診断されて

痛み止めの薬を飲みながら

仕事を翌日からしていたそうです。

 

それから1ヶ月くらいたった後に

トイレおしっこをしていた時に

結石が固まりで出てきたと言っていました。

大きさは2ミリくらいだったかなと言ってました。

 

また、別の人は

明け方に激痛に襲われすぐに病院へ受診したところ

やはり尿管結石と診断。

 

水をたくさん飲んで尿を多く出すようにしてい

過ごしていたそうです。

 

それから2ヶ月くらいたつ頃に

おしっこをしている時に1ミリくらいの

結石の固まりが2つ出てきたそうです。

まとめ

尿路結石の自然排出の状況には

人それぞれに特徴がありますね。

自然排出で結石が出てくれるだけ

まだ良いと考えます。

 

しかし、結石が出たとはいえ

再発率が高いのが尿路結石の特徴です。

油断せずにしっかりと自然排出できたかを

病院で確認する事が大切です。

尿路結石が自然排出できる可能性

あるうちになんとしても

結石を出してしまいましょう!

 

いしば
いしば

自然排出は結果にコミット!

コメント